文庫屋「大関」/がらん堂
ショッピングへ
紫陽花の意外な謎?
梅雨時、あちこちで紫陽花の花が綺麗に咲いているのを、たびたび見かけます。
一昔前は、雨に濡れた紫陽花の茎に蝸牛がのろのろ歩いて(?)いる。こんな光景をよく見たような気がします。そういえば最近、蝸牛って見て無いなあ・・・
今回はこの紫陽花の意外な一面を御紹介いたします。
紫陽花画像  今では、梅雨時の風物詩ともなったこの紫陽花は江戸時代には、移り気、心変わり、裏切りの象徴として忌み嫌われていたことを知っていますか?
この花の特長の花の色の変化のせいなのですが、ちょっと意外ですねえ。花の色といっても実は花ではなく、萼(ガク)にあたるところで、実際の花はその中心にある小さな点のような部分なのです。
酸性土壌では青、アルカリ性土壌ではピンクになります。
これって、リトマス試験紙の色反応とは逆なんですねえ。これもちょっと意外です。 最近では、公園やお寺で紫陽花の名所が増えて来ましたが、これはほとんど紫陽花のイメージが変わってきた戦後に植樹された物だそうです。
もともと紫陽花は、日本に自生していた萼紫陽花(ガクアジサイ)が母種で後に欧州に渡り品種改良され、逆輸入され広く一般に広まったものです。戦後植樹された名所の紫陽花もほとんどが、この逆輸入の品種です。欧州ではアルカリ土壌が多いので日本とは逆にピンクの物が主流だそうです。
 あじさいの語源は、「あづさい」と言う言葉が変化して生まれたもので、「あづ」は「あつ」で集まるの意、「さい」は「さあい」(真藍)からきた言葉で、青い花が集まって咲くと言う意味の言葉です。日本は酸性土壌がほとんどですので、自生種は、ほとんど青い花だったはずです。移り気、心変わりのイメージとは、裏腹にあじさいの語源は青い花と決めつけているのは、これまた意外ですねえ。 紫陽花画像2
 でも、この「紫陽花」という漢字でどうして「あじさい」と読むのでしょうか?
どう考えてもこれは、完全に当て字としか考えられませんよねえ。物の本によると平安時代に唐の白楽天の詩にあった「紫陽花」という花名を、強引にも日本のあじさいにあててしまったところから生まれたそうです。誰がそうしてしまったのかはわかりませんが、よっぽど「紫陽花」の字からくるイメージが気にいったのでしょうね。しかも、もともとの中国の「紫陽花」という花がどんな花かついては、未だによくわからないようです。しかし、中国でもあじさいは、咲いています。
こちらは、「八仙花」と呼ばれているそうです。 先日、あるタレントが書いたコラムで「雨に煙る小路を少しづつ登ってゆくと、かすかに紫陽花の香りが・・・」という文章がカッコよく書き綴ってありました。
実は、紫陽花には香りが無く、思わず「そんなわけないだろ〜!」っとツッコミたくなりましたが、よくよく調べてみると最近は新品種で香りの有る紫陽花も出来たとのことです。これからは、紫陽花のイメージもまたどんどん変わってゆくのでしょうね。そういえば、移り気、心変わりのイメージは昔
程、悪いものでは、なくなってきました。これからは、紫陽花という字ずらとは、似つかないオシャレでコケティッシュなイメージに変わってゆくのかもしれませんね。
 
back next
その壱 七福神どれが誰?
その弐 いずれがあやめかかきつばた?
その参 柔道、そろばん、御前 ???
その四 まじめな格子と縞のはなし 前編
その伍 まじめな格子と縞のはなし 後編
その六 荒磯の魚には、ヒゲがある?
その七 亀甲は霊的な紋様なのです。
その八 紫陽花の意外な謎?
その九 フルーツポンチのポンチって?
その十 さよならばあちゃん [1/3]
その十一 さよならばあちゃん [2/3]
その一二 さよならばあちゃん [3/3]
その十三 おでんの世界 [1/2]
その十四 おでんの世界 [2/2]
その十五 まめ御飯(グリーンピースが嫌い!)[1/2]
その十六 まめ御飯(グリーンピースが嫌い!)[2/2]
 
close
Copyright (C) 2007-2010 bunkoya-oozeki. All Rights Reserved.