文庫屋「大関」/がらん堂
ショッピングへ
亀甲は霊的な紋様なのです。
今回は、亀甲模様について書いてみます。簡単に言うと6角形の単体、または連続模様です。もちろん亀の甲羅の模様に似ているので亀甲と言う名前がついたのです。
もともとは、西アジアで紀元前9世紀頃に生まれ、大陸を通って日本には4〜5世紀頃に伝わったということです。西アジアでは亀とは無関係な模様だったようですが、東アジアに伝わってから霊的な動物、不老長寿の象徴の亀と結びついたのです。
しかし、亀と言ってもタダの亀ではあーりません。中国は漢の時代に起こった四神思想に深かぁ〜くかかわりがあるのです。
柄の画像 四神思想とは、四神すなわち東の青龍・西の白虎・南の朱雀・北の玄武のことで、この4態の架空の霊的動物を四方に打ち立て、外敵や悪霊から身を守るという易学的な神霊思想です。今流行の風水もこのへんは元になっている物の1つです。
朱雀は鳳凰、玄武は亀と蛇が合体したような動物で、白虎は一説には麒麟とも言われています。この玄武が後に日本に伝わり「鶴は千年、亀は萬年」の亀になるのです。と言うことは鳳凰が鶴になったというのは充分に考えられることですねえ(笑)この外敵から霊力をもって身を守る守護神の玄武が、日本に伝わると長寿の象徴はともかく「うさぎと亀」や「浦島太郎」のようにのろまで弱い存在の象徴になってしまうのは、なぜでしょう?それは、やはり玄武では無くて「タダの亀さん」だからでしょうね(^_^)
しかし、玄武伝説は、ちゃあ〜んと日本にも伝わっているのです!そうです、ガメラです。ゴジラと並び日本が世界に誇れるムービースターガメラです。ゴジラの場合、恐竜をベースに、名前はゴリラと鯨の合体というまったくの架空の怪獣ですが、ガメラは、誰がどう見ても「亀」です。何が悲しくて亀さんを怪獣にしなくては、いけないのか?玄武伝説無しには、どう考えても見るからに弱そうな亀さんをわざわざ怪獣に仕立てることは、あり得なかったと思います。 亀
あ〜すっかり亀の話になってしまいましたが、亀甲模様は家紋にも多く使われその代表は、出雲大社の神紋が有名です。これは、出雲大社が北方を鎮護する使命を帯びていたことから、まさに玄武、すなわち亀を神紋としたのでした。その他、香取神宮の氏子にいた醤油造りの名人が商売をを始めるとき、氏神様の神紋と名前の一字「萬」を合わせて屋号にしたのが、いまも醤油販売で名高いキッコーマンです。
ところで、亀を助けた浦島太郎は、もしも玉手箱を開けなかったらどうなっていたのでしょう?不老不死の生活を延々と送っていたのでしょうか?乙姫様のいない不老不死なんて・・・ヤッパリ開けますよねえ!
玉・手・箱!
やはり亀は不老長寿の象徴なのですねえ。
 
back next
その壱 七福神どれが誰?
その弐 いずれがあやめかかきつばた?
その参 柔道、そろばん、御前 ???
その四 まじめな格子と縞のはなし 前編
その伍 まじめな格子と縞のはなし 後編
その六 荒磯の魚には、ヒゲがある?
その七 亀甲は霊的な紋様なのです。
その八 紫陽花の意外な謎?
その九 フルーツポンチのポンチって?
その十 さよならばあちゃん [1/3]
その十一 さよならばあちゃん [2/3]
その一二 さよならばあちゃん [3/3]
その十三 おでんの世界 [1/2]
その十四 おでんの世界 [2/2]
その十五 まめ御飯(グリーンピースが嫌い!)[1/2]
その十六 まめ御飯(グリーンピースが嫌い!)[2/2]
 
close
Copyright (C) 2007-2010 bunkoya-oozeki. All Rights Reserved.